庄原さくら学園(障害児入所施設)

目的

利用者の意思や人格を尊重し、常に利用者の立場に立った支援を提供します。
住宅に近い環境を整え、地域や家庭との結びつきを重視した運営を行います。
生活自立と社会性を育成する観点から生活に必要な支援及び訓練を適切に行います。
行政や他の支援事業者、保健医療関係者との密接な連携に努めます。

支援内容

個別支援計画により個々の利用者に適した支援を提供します。
支援にあたっては、利用者の人権に十分配慮するとともに、ひとりひとりの人格を尊重します。
 @基本生活サービス:食事、排泄、入浴、睡眠、着脱衣、整容等の援助、ADL自立訓練、学習指導
 A居住環境整備サービス:厨房衛生管理、清掃、浴室、洗濯、整理整頓、安全管理
 B日中活動支援:軽作業(農耕、カキ、アルミ缶つぶし)、レクリエーション、創作活動、行事、外出、買い物、地域交流
 C保健医療サービス:健康管理、通院、治療、服薬支援、入院中のサービス
 D相談支援:常に利用者の心身の状態、それに置かれている状況などを的確に把握し、利用者または家族からの相談に応じ、適切な支援を行います。

事業内容

福祉型障害児入所施設…………定員 16名
短期入所事業……………………定員  3名
日中一時支援事業

利用料

食費・光熱費、生活用品等、その他利用者負担金
金銭管理費、送迎サービス料、おやつ代等を負担して頂きます。

対象者

18歳未満の知的障害児

利用手続き

入所については、こども家庭センターへご相談ください。
その他のご利用については、利用者が定住されている市町に障害福祉サービス等の支給申請を行い
支給決定されると受給者証が交付されます。その受給者証をもって事業所とサービス利用に関する契約を結びます。

日課

6:157:009:30〜11:2012:0013:30〜15:3017:0021:00
起 床朝 食日中活動昼 食日中活動夕 食就 寝
※学校生は登校

年間行事

 4月…花見
 5月…春のハイキング/親善球技大会
 6月…永末小学校交流会
 7月…小旅行(一泊旅行と日帰り親子旅行と隔年)
 8月…納涼祭・夏休み
 9月…保護者参観日
10月…
11月…学園祭
12月…クリスマス会・忘年会・餅つき・大掃除・冬休み
 1月…とんど祭り
 2月
 3月…納会